繊細で衝動的なサウンドワークがクセになる紅一点バンド【aquarifa】

繊細な歌声の対極にあるエモーショナルなギターの洪水。 多幸感あふれるボーカルが紡ぎだす言葉は、メランコリックな世界観を描くことも。 相反するサウンドワークで魅了してやまないaquarifa(アカリファ)をご紹介します。 続きを読む→