イメージ革新! 若きウクレレナンバーワンプレーヤー、名渡山遼の超絶技巧にひれ伏す

 

RyoNatoyamaAshamain2014_980K

ウクレレといえば言わずもがなハワイの長閑な風景に欠かせない民族楽器だが、名渡山遼の手にかかるとそれは変幻自在のジュークボックスへと変貌する。

名渡山遼は1993年生まれ。2015年3月に日大芸術学部を卒業したばかりの弱冠23歳だ。さいたま市出身だが家系のルーツは沖縄県の名護。小学校6年生の頃、夏休みのハワイ旅行で家族がお土産に買ったウクレレを弾き始めたことをきっかけに独学でみるみる上達すると、14歳の頃にはブルース・シマブクロ、ジョディ・カミサトなどハワイのウクレレプレイヤーのオープニングアクトを務め、「ウクレレ天才少年」としてテレビにも取りあげられた。

彼の魅力は基本的演奏能力の高さは勿論、ウクレレ本来のジャンルを超えたカバー楽曲の完成度にある。

アイ(秦基博cover)』

 

涙腺に響くウクレレを聴けば、原曲超えとの評判に嘘がないことがわかる。
歌詞以上に胸に迫るせつない音色に心が浄化されるようだ。

 

最高級の癒しを得たところで、次は全く違ったウクレレの表情を見ていただこう。
爪弾くはファンクの名曲『 Uptown Funk 』。

 

2015年アルバム「UKULELE SPLASH!」収録 『 Uptown Funk (UKULELEcover )』

 

これを聴いているリスナーが知らず知らずのうちに笑みをもらし、体を動かす画が浮かんでくる。
ちなみに愛用のウクレレはなんと自作品。本体だけでなくケースやストラップまで作ってしまうというのだから驚きだ。

 

また名渡山はカバーだけでなく、オリジナルも手掛けており、既に4枚のオリジナルアルバムをリリースしている。

 

2014年アルバム「RAINBOW」より『 Way To Go!!~Athlete

 

この楽曲は自身が講師を務めるSME主催音楽スクール「ソニックアカデミー」の課題曲にもなっている。ウクレレに興味を持った方にはこの機会にスクールを是非チェックしていただきたい。スーパースターに弟子入りできるチャンスを逃さぬよう!

ソニックアカデミー
http://sonicacademy.jp/mm/ 

名渡山遼のウクレレコース
http://sonicacademy.jp/mm/cg201/

 

世界に比べ、日本のウクレレ文化はまだ活発とは言えない。ただ近年は国内でもウクレレの巨大イベントが開催されるなど、ブームの広がりはそこまで来ている。
そんなウクレレ界を牽引する期待のホープ、名渡山遼の超絶技巧を是非生で味わっていただきたい。
近日中のライブ情報は以下の通り。

 

3/20(日) 横浜みなとみらい
MARINE&WALK YOKOHAMA
17:00~
http://www.marineandwalk.jp/

3/29(火) 渋谷LOOP annex
三浦拓也(rom DEPAPEPE)×名渡山遼 ツーマンライブ
18:30OPEN/19:00START
http://sl160329liveloop.peatix.com/

4/9(土) 京都平安神宮
紅しだれコンサート
18:40~/19:50~
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/kyo_np/info/moyoosi/2016benishidare/

 

 

名渡山遼の最新情報は、オフィシャルFacebookでチェック!