女&女&女装家の超キャッチーなガールズ(?)バンド【ぽわん】

powan_midle

ぽわん

女性と女装からなるガールズ(?)バンド
ライブのやりちらかしのパフォーマンスの一方
等身大の女の子の気持ちを、これでもかと赤裸々に歌う。
メイビーモエ(Vo&Gt)の歌詞や楽曲には定評があり、
赤裸々すぎて、かかわる大人達を振り回しては困らせている。

ぽわん HP:http://www.powann.com/
Twitter:https://twitter.com/powann_info
Facebook:https://www.facebook.com/powann

 

楽曲紹介

boymeetsminorgirl_600x600

最新アルバム「ボーイ・ミーツ・マイナーガール」

こちらのアルバムは予算0円で制作されている。
しかも全曲のMVが用意されている。
楽曲だけでなく、予算0円を逆に活用して雰囲気を表現しているMVを楽しむのもひとつの楽しみ方だ!

こちらのアルバムから2曲ご紹介する。

「チェリーボーイ」

こちらの楽曲はアルバム3曲目収録されている。
基本的にワンカットで進むMVだ。

この楽曲は一度聴いただけで頭から離れず、クセになってしまう。

可愛らしい歌声とは裏腹に、怪しいダークな雰囲気が漂う楽曲だ。
ガールズ(?)バンドなのにこの怪しさを出せるのは凄い。
また、Aメロの語りかけるような独特な歌い方がクセになってしまう人もいるだろう。
また、サビはうってかわったかのようなキャッチーさもクセになってしまう。

そして筆者としてはこのシンプルなサウンドが一番好きだ。
重ねられている楽器の数が非常に少なく、もはや最低限とさえいえるだろうが
だからこその、この怪しさ、このクセになる感覚を創りだしているのだろう。

ちなみに、MVの1:50〜2:27に関してはあえて触れないでおく。
気になる方はご自身でご覧いただければ幸いだ。

 

「みずいろ」

 

続いてアルバムの7曲目に収録されている、元ビート・クルセイダーズのクボタマサヒコとのコラボ楽曲。

先ほどのチェリーボーイと比べて終始ゆったりとしたポップでキャッチーな曲だ。

男声と女声のミックスが非常に心地良い。
そしてメロディーはもちろん、リズムやコード進行を含めてもシンプルで耳に馴染む。

 

MVも、ちゅるさんという方が出演されていて、彼女のプライベートショットの様な映像が続く。
音、MV共に癒しに特化した楽曲に感じる。
是非疲れた時などに見てほしい。
先述したとおり、紹介した楽曲以外にもアルバムに収録されているいる楽曲は全てMVが用意されているので、気になった方は是非ご自身で確認していただきたい。

ぽわん Official YouTube⇒ https://www.youtube.com/user/4649powann

他のメディアでも舘 松子莉さんの女装に触れるか、異端児などと表現しているメディアが多かったので、是非楽曲の良さを少しでも伝えられればと思って執筆しているので、是非音源を聴いて、ライブなどにも足を運んでいただきたい。

 

ライブ情報

ライブDVD & CD【目指せ!脱マイTOUR ファイナル】がライブ会場限定発売中、2015/09/15の@O-WESTのライブが全曲収録!
12曲入りのCDもついて豪華!ぽわんのライブが気になる人は、こちらの動画をチェックして、ライブ会場に行き、ぜひ購入して全貌を確かめてほしい。

ティザー動画

■12/2@京都nano
「ぽわんの毒まきワンマン京都編
open/start 19:00/19:30
add/day ¥2500/¥3000+1drink

■12/3@北堀江club vijon
「ぽわんの毒まきワンマン大阪編
open/start 19:00/19:30
add/day ¥2500/¥3000+1drink

■12/4名古屋クラブロックンロール
「ぽわんの毒まきワンマン名古屋編」
open/start 19:00/19:30
add/day ¥2500/¥3000+1drink

■12/5@下北沢シェルター(ファイナル)
ぽわんの毒まきワンマンファイナル!」
open/start 18:30/19:00
add/day ¥2500/¥3000+1drink

詳細、チケットの購入はこちらから!

▶音楽専門クラウドファンディングサイトmuevo:http://www.muevo.jp

Ken

About Ken

muevoスタッフです。ソロベースをやってます。ベースを教えたりベースの動画をアップしたりしています。好きなバンドはMR.BIGで好きなベーシストはVictor Wooten。実はニコニコ超会議に出た事もあったり。 ケルト音楽にドハマり中。